中国地区第5回高校生溶接技術〈圧力容器〉競技会

実施要項

1 目 的
工業系高等学校では、溶接に関する学習や実習はものづくりを進めるために大変重要な要素であり、その学習成果をもとに技術・技能を競い合うことで学習意欲を高め、より一層の技術・技能の向上を目指す。さらに、競技会を通じて、地域産業を支える若年技術・技能労働者の育成を図るとともに、工業教育の活性化と振興・充実に資する。

2 主 催
中国地区高等学校工業教育研究会

3 共 催
中国地区溶接協会連絡会

4後 援
公益社団法人全国工業高等学校長協会、岡山県教育委員会
一般社団法人日本溶接協会中国地区溶接技術検定委員会
岡山市教育委員会、一般社団法人岡山県溶接協会
一般社団法人広島県溶接協会、山口県溶接協会、島根県溶接協会、鳥取県溶接協会

5 主 管
岡山県高等学校工業教育協会 機械系部会

6 期 日
令和元年8月24日(土)・25日(日)

7 日 程
8月24日(土) 12:00~12:45 受付
13:00~13:30 審査説明会
13:30~15:45 会場練習
15:45~16:00 溶接ブース抽選
16:00~16:30 開会式

8月25日(日) 9:00~10:20 1班競技・清掃
10:20~11:40 2班競技・清掃
11:40~13:00 3班競技・清掃
13:00~16:00 昼食・審査・講演会(13:20開始予定)
16:00~16:30 表彰式・閉会式

8 会 場
岡山県立東岡山工業高等学校 溶接実習室
〒703-8217 岡山県岡山市中区土田290-1 TEL(086)279-0565

9 参加資格
高等学校で溶接技術を学ぶ生徒とする。

10 参加人数
各都道府県代表者2名までとする。ただし、開催地区は各県3名までとする。また、開催県は4名までとする。

11 参 加 費
生徒1名につき1,000円(受付にてお支払いください)

12 競技種目
被覆アーク溶接作業(圧力容器の製作)

13 競 技
(1)競技時間 タック溶接20分、本溶接30分とする。
(2)課 題 別紙製作図による。
(3)注意事項
 ①工具、測定具、溶接棒、実習服、保護具等は競技者が用意する。
 ②実習室でのルールを守り、安全に十分配慮する。
 ③会場責任者の指示に従わない者は、実習室から退出させる。
 ④ゼッケンは、事務局が準備したものを使用する。

14 採点集計
競技終了後とする。

15 評 価
(1)評価方法
①審査は、岡山県溶接協会会員と競技役員が当たる。
②評価は、圧力試験、外観検査、寸法精度、安全基準とする。
③採点用紙を集計して順位を決定し、結果を公表する。
(2)評価の観点
①完 成 度:溶接状態、仕上がり程度
②技 術 度:最大耐水圧、完成までの所要時間
③作業態度:服装、保護具、安全作業等の状況
(3)評 価
別紙採点用紙による。

16 表 彰
成績優秀(1~3位)を表彰する。また、奨励賞(4~8位)を表彰する。

17 そ の 他
練習用の材料は持参すること。
Q&Aは岡山県高等学校工業教育協会HPに掲載。

18 申 込 み
下記の申込書にて、令和元年8月2日(金)までにメールまたはFAXで事務局宛に申込むこと。

【事務局】
〒708-0004 岡山県津山市山北411-1
岡山県高等学校工業教育協会 機械系部会 溶接教育研究会
岡山県立津山工業高等学校 機械科
担 当 下野 優児
TEL(0868)22-4174 FAX(0868)22-4177
E-mail〈yuuji_shimono@pref.okayama.jp