県立水島工業高校 エアロMECIA完成披露式典
 


 

1.日時 平成25年5月25日(土) 13:00〜14:00

      開会

      あいさつ(中桐校長、大源生徒会長)

      祝辞  (竹井県教育委員会教育長)

      テープカット

      製作過程の説明

      テスト走行

      閉会

 2.場所 笠岡ふれあい空港

 

3.エアロMECIAプロジェクトの概要

平成24年に創立50周年を迎えた水島工業高校には、機械科(M)、電気科(E)、工業化学科(C)、情報技術科(I)、建築科(A)の5科があります。今までも、それぞれの専門性を活かして協力体制を取りながら1つのプロジェクト(MECIAプロジェクト)に取り組んできました。4年前からは、環境に負担のかからない3つのエネルギー(太陽光発電、リチウムイオン電池、水素型燃料電池)を動力とし、機体のほとんどを炭素繊維で作った一人乗りの超軽量飛行機(エアロMECIA)を製作してきました。これは世界初の取り組みで、ものづくりの技術を学ぶ工業高校生が自分たちの技術の限界を超えたいと、日夜製作に励んだものです。

 

4.エアロMECIAの仕様

(1) 機体全長     約6.5m 

(2) 両 翼 幅     約14m (主翼は取り外し可能で組立式)

(3) 機体重量     約270kg(パイロットの体重約70kgを含む)

(4) プロペラ     直径1.36m(炭素繊維製)

(5) モーター     15kW(最大出力)

(6) 電  池     5.6kWh(リチウムイオンポリマー電池)

(7) 太陽光パネル   600W(ソーラーカー用モジュール)

(8) 水素燃料電池   1kW

 

5.写真

 

テープカット 製作過程の説明
滑走路へ テスト走行
エアロMECIA プロジェクトのメンバー

今回はテスト走行を行いましたが、航空局の許可等がおり次第、飛行披露を行う予定です。

 


岡山県高等学校工業教育協会

OkayamaTechnicalHighSchoolsAssociation