令和3年度 岡工協総会

日時:令和3年4月27日(火)13:30~14:50
場所:県立岡山工業校等学校 百周年記念会館2F
※新型コロナ感染症対策として参加人数を各校代表者1名として開催。

1 開  会
2 あいさつ 
3 議長選出
4 議  題
(1) 令和2年度事業報告
(2) 令和2年度決算報告(監査報告)
(3) 役員改選
(4) 令和3年度事業計画(案)
(5) 令和3年度予算(案)
ア 岡山県高等学校工業教育協会
イ 岡山県高等学校教育研究会工業部会
(6) そ の 他
5 連絡事項
6 そ の 他
7 閉  会

岡山理科大学と岡山県高等学校工業教育協会の高大連携に関する協定書調印式

日 時

2021年3月25日(木)15時~

場 所

岡山理科大学(50周年記念館3階会議室)

出席者

岡山理科大学
学長    柳澤 康信(署名者)
副学長   秦  敬治
工学部長  松浦 洋司
教職支援センター長  岡本 弥彦
岡山県高等学校工業教育協会
理事長   文谷 元信(署名者)
副理事長  安藤 正道
事務局長  谷口 和士
事務局次長 河本裕次郎

式次第

1 開 会
2 経緯説明
岡山理科大学        教職支援センター長  岡本 弥彦
3 代表者挨拶
岡山理科大学        学長  柳澤 康信(署名者)
岡山県高等学校工業教育協会 理事長 文谷 元信(署名者)
4 協定書調印(署名・捺印)
岡山理科大学        学長  柳澤 康信(署名者)
岡山県高等学校工業教育協会 理事長 文谷 元信(署名者)
5 記念撮影
6 閉 会

     

     

     

     

第18回全日本高等学校ゼロハンカー大会

今大会は新型コロナの対策をしての実施となった。入場制限をし、入場者には検温、チェック用のリストバンド配布を行い、密にならないよう放送による開閉会式の実施およびマスクの徹底やソーシャルディスタンスに対するアナウンスの呼びかけ等行った。 また、競技でも一次予選の短縮で周回でなく直線のドラッグレースの導入、各参加校による大会オフィシャルスタッフ依頼の取り止めなど行った。大会運営は感染防止も含め事務局のおかやま山陽高等学校のご尽力の賜である。

主 催 全国自動車教育研究会 西日本地区
共 催 岡山県高等学校工業教育協会  
日 時 令和2年12月27日(日)9:00~16:00
会 場 岡山県浅口市寄島町「三ツ山スポーツ公園・新多目的広場」

日 程

7:30~ 8:30 受付車検
8:00~ 8:30 フリー走行
9:00~      開会式 9:10~ 9:30 ドライバーズミーティング
9:40~10:30 一次予選ドラッグレース55台
10:45~11:30 二次予選(2周レース12ヒート)55台
11:45~12:15 敗者復活戦(2周レース8ヒート)31台
12:15~      昼食
12:45~13:30 三次予選(3周レース10ヒート)40台
13:30~13:50 決勝進出者ミーティング
13:50~14:00 決勝車両コース内整列
14:00~14:30 決勝(24分耐久レース)
14:30~15:00 後車検(排気量測定)
15:00~15:15 閉会式、表彰式

結 果

順位ゼッケン学校名車 両 名運転者氏名周回数
22おかやま山陽高等学校山陽SPEED 1号横山 弘樹23
215岡山県立笠岡工業高等学校笠工 突風丸細川 和樹22
323岡山県立興陽高等学校興陽羅王奪還号本𠮷 翔一22
426三重県立津工業高等学校津工業 T-two号近藤 永遠21
550おかやま山陽高等学校山陽SPEED 3号荒木 康助21
638香川県立多度津高等学校TAKOU VOLCANO OCTOPUS坂本 拓也21
754岡山理科大学附属高等学校理大附属 1号梅井 温基20
811おかやま山陽高等学校山陽SPEED 2号内田 涼太郎18
952三重県立桑名工業高等学校桑工 イカ吉小川 和真14
1037三重県立桑名工業高等学校桑工 炸裂ピーナッツ後藤 巧磨R

令和2年度 ものづくりコンテスト(溶接作業部門)岡山県大会兼令和2年度高校生溶接技術競技会岡山県大会

令和2年12月19日(土)に岡山県立岡山工業高等学校で令和2年度ものづくりコンテスト(溶接作業部門)岡山県大会 兼令和2年度高校生溶接技術競技会岡山県大会を開催しました。

N-2Fの部

成 績

第1位岡山県立興陽高等学校農業機械科2年 高山 佑介
第2位岡山県立備前緑陽高等学校総合学科3年 山下 未来
第3位岡山県立水島工業高等学校機械科1年 本嵜望歩未
第4位岡山県立東岡山工業高等学校電子機械科3年 森長 亜衣
第5位おかやま山陽高等学校機械科2年 植木 陽大
第6位岡山県立津山工業高等学校機械科3年 杉崎 祐紀
第7位岡山県立岡山工業高等学校機械科2年 森  湧希
第8位岡山県倉敷市立工業高等学校機械科2年 長瀨 鮎生

圧力容器の部

成 績

第1位岡山県立東岡山工業高等学校電子機械科3年 村上  碩
第2位岡山県立倉敷工業高等学校機械科2年 松尾  凌
第3位岡山県立水島工業高等学校機械科2年 安達 康晟
第4位岡山県立水島工業高等学校機械科2年 行安  洸
第5位岡山県立笠岡工業高等学校電子機械科2年 中越 悠太
第6位岡山県立興陽高等学校農業機械科3年 末継 智誠
第7位岡山県立倉敷工業高等学校機械科3年 藤沢 将太
第8位岡山県立東岡山工業高等学校電子機械科1年 石川 拓磨

令和2年度 高校生ものづくりコンテスト岡山県代替大会(測量部門)

主  催

岡山県高等学校工業教育協会 土木系部会

主  管

岡山県立新見高等学校 工業技術科

日  時

令和2年11月28日(土)10:00~13:30

会  場

岡山県立新見高等学校(北校地)
新見市新見1994 TEL(0867)72-0645
開会式 鋳造実習室
競技及び控え室 多目的4,5,6及び進路閲覧室

参加者

岡山県内の高等学校土木系学科に関係する生徒6名
(A,Bの2チーム編成)

審査員

各高等学校の土木系学科関係教職員

使用機器

原則として参加校が持参する

競技順

一斉開始

順  位

出場チーム単位で決定する

表  彰

岡山県高等学校工業教育協会理事長が行い、3位まで表彰する

【競技日程】 
9:30~受付
10:00~競技打合せ会(担当教員)
10:30~開会式
11:00~競技開始
11:40 競技終了
13:00~閉会式  

【結  果】  

第1位新見高等学校 Bチーム
第2位岡山工業高等学校 Aチーム
第3位津山工業高等学校 Aチーム

             

             

           

           

           

          

令和2年度 中堅教諭等資質向上研修(産業教育共通研修・実習見学:工業)

主 催

岡山県教育委員会

日 時

令和2年10月23日(金)10:00~15:50

会 場

〒700-0013 岡山市北区伊福町4-3-92
岡山県立岡山工業高等学校 百周年記念会館2F
電話 086-2252-5231

参加者

多賀 美聡(東岡山工業:電子機械)、吉川 昌和(水島工業:機械)、井上 智裕(津山工業:土木)、内田 拡志(津山工業:機械)、清原 孝二(勝間田:機械)

時 程

9:00 受付
9:30 開会行事
9:45 学校紹介・魅力化推進事業説明
10:35 企業訪問の報告
12:25 昼食休憩
13:25 公開授業
15:10 研究協議
講師・助言
岡山県教育庁高校教育課 職業指導班 指導主事(主任) 田内 道康 様  
16:00 閉会行事

    

第57回岡山県高等学校工業教育研究発表大会

主 催

岡山県高等学校教育研究会 工業部会

日 時

令和2年10月20日(火)10:00~15:50

会 場

〒719-0252 浅口市鴨方町六条院中2069
おかやま山陽高等学校 生石ホール
電話 0865-44-3100

時 程         

9:30 受付 
10:00 開会行事
10:30 講演
 演題 「モビリティは新たなステージへ。Maasが創る明るい未来」
 講師 久留米工業大学 交通機械工学科 学科長
インテリジェント・モビリティ研究所 所長
学長補佐・教授 東 大輔 氏
12:00 昼食
13:00 研究発表
(1)機械系 13:00~13:25
 「ものづくりをとおした地域貢献~びぜんのまち活性化プロジェクト~」
備前緑陽高等学校 総合学科 大賀 晃典
(2)電気系 13:30~13:55
 「主体性を育む効果的な教科指導の実践例」
倉敷工業高等学校 電気科  大月 剛
(3)デザイン系 14:05~14:30
 「生徒支援に重点を置いたやる気の出る授業デザイン」
津山工業高等学校 デザイン科 出相 洸一
(4)自由研究 14:35~15:00
 「平成31年度 長期専門研修の報告」
津山工業高等学校 機械科 野々上 広隆
15:00 指導講評
岡山県教育庁高校教育課
職業指導班 指導主事(主任) 田内 道康 様
15:25 閉会行事
15:45 閉会

令和2年度 第27回 ワンデーエクササイズ 2020

主 催

岡山建築設計クラブ

共 催

一般社団法人 岡山県建築士会
一般社団法人 岡山県建築士事務所協会
公益社団法人 日本建築家協会中国支部 岡山地域会
一般社団法人 日本建築学会中国支部岡山支所
公益社団法人 日本建築積算協会中国四国支部岡山県部会

後 援

岡山県  岡山市  倉敷市

日 時

令和2年10月3日(土)8:30~17:15

会 場

山陽新聞社本社 さん太ホール
〒700-8634
岡山市北区柳町2-1-1
TEL 086-803-8222

日 程

7:30 受付・作品展示
9:30 開会式
10:00 能作淳平審査委員長講演
ノウサクジュンアーキテクツ主宰 東京理科大学非常勤講師 建築科
10:30 公開審査開始
10:45 プレゼンテーション開始 ・8チーム×(発表5分+質疑応答3分+交代1分)
12:00 昼食
12:45 プレゼンテーション再開 ・8チーム×(発表5分+質疑応答3分+交代1分)
14:15 審査委員長との個別講評・交流会
16:20 表彰式
17:00 閉会式

課題名称  

「 市民の「動物園」を盛り上げよう!!! 」
~ 若くて自由な発想で、社会と結ぶ ~

~ 若くて自由な発想で、社会と結ぶ ~

プレゼン順学校名及びチーム名
岡山理科大学 MHITチーム
山陽学園大学 山陽学園大学チーム
岡山理科大学専門学校 RIZEN2020チーム
岡山理科大学 team Mチーム
岡山県立大学 麒麟チーム
岡山科学技術専門学校 オムチーム
岡山理科大学 長島・芳賀チーム
岡山工業高等学校 建築研究同好会チーム
津山工業高等学校 建築研究部チーム
10岡山科学技術専門学校 ルイスチーム
11岡山県立大学 カピバラチーム
12水島工業高等学校 MIZUKO Architectureチーム
13岡山科学技術専門学校 チーム TAM
14岡山後楽館高等学校 チーム KRK
15岡山理科大学 Y´s  Labo チーム
16岡山科学技術専門学校 エススクエアードエム フォルチーム

結 果

奨励賞(津山工業高等学校)
岡山建築設計クラブ賞(岡山工業高等学校、水島工業高等学校)

   

岡山県で初優勝!第19回高校生ものづくりコンテスト全国大会 近畿大会(木材加工部門)

岡山県庁表敬訪問 2019.12.18

第19回高校生ものづくりコンテスト全国大会(近畿大会)木材加工部
門岡山県立津山工業高等学校 建築科3年 上原 歩実 さんが優勝しました。

主 催

公益社団法人全国工業高等学校長協会

主 管

近畿工業高等学校長会

日 程

2019年11月16日(土)~17日(日)9:00~16:00

会 場

イオンモール伊丹
〒664-0847 兵庫県伊丹市藤ノ木1-1-1  TEL 06-6481-4841

 近年、若者の製造業離れが進み、ものづくりの技術・技能の継承が危ぶまれている。我が国の持続的発展を維持するためには、産業を支える技術・技能水準の向上を図るとともに、若年技術・技能労働者を確保し、育成することが急務である。
公益社団法人全国工業高等学校長協会(以下、全工協会という)では、各高等学校で取り組んでいる、ものづくりの学習効果の発表の場として、全国の高校生が一堂に会して、技術・技能を競い合う全国的な大会を企画し、過去19回実施した。
 第12回大会より全国9ブロックを廻っての開催となり、今回は近畿ブロックにおいて、旋盤作業、自動車整備、電気工事、電子回路組立、化学分析、木材加工、測量の7部門で実施する。