令和3年度高校生ものづくりコンテスト岡山県大会化学分析部門

主 催

岡山県高等学校工業教育協会

後 援

一般社団法人消防試験研究センター岡山県支部

主 管

岡山県高等学校工業教育協会工業化学系部会

目 的

産業の持続的発展を維持するために技術・技能水準の向上を図るとともに若年技術・技能労働者を育成することが重要である。ものづくりコンテストを実施することにより社会のものづくりへの関心を高め技術・技能の発展に寄与する。

日 時

令和3年6月26日(土) 8時30分~13時00分

会 場

岡山県立津山工業高等学校 
TEL 0868-22-4174 FAX 0868-22-4177

参加費用

選手1人につき¥2,000

競技内容

(1) 競技時間は2時間30分
(2) 課題
キレート滴定法により、試料水中のCa及びMgの定量を行うことにより、2種類の試料水の各硬度を求め、指定された測定結果報告書を提出する。
(3) 実験概要
1)実験手法はJIS K 0101(1998)工業用水試験法に準じる。
2)妨害物質を含まない試料の全硬度・カルシウム硬度・マグネシウム硬度を求める。
3)全硬度及びカルシウム硬度は、滴定法によって求め、マグネシウム硬度は測定で得られた全硬度・カルシウム硬度を使用し、計算によって算出する。
4)実験操作や器具の使用は、化学実験の基本的な操作法に従う。
5)課題を進める際には、化学反応式、化学計算を考慮して行う。
6) マスキングにシアン化合物は使用しない。   
(4) 実験の用件
1)実験方法は、JIS K 0101:1988 工業用水試験法の15.1.1,15.2.1及び15.3.1(49.1及び50.1)に準ずる。ただしFe(Ⅱ)・Niなどの妨害物質は含まないものとする。硬度:水中のカルシウム塩やマグネシウム塩の含有量を示すものを硬度という。水1L中に含まれる炭酸カルシウム(CaCO3)のmg数で表す。
2) 実験操作や器具の選択は準備された器具の容量や化学実験の基本的な操作法を考慮して行う。
3) 課題を進める際には、実験マナー、安全、分析技術、報告書、測定精度を考慮する。
4) 実験器具は準備されているものから適正な器具を使用すること。
5) 実験報告は、時間内に必要事項を測定結果報告書に記載し報告する。
(5) 注意事項
1)実習服(白衣)・上履き(体育館シューズ可)・保護メガネ・筆記用具等は競技者が用意する。
2)計算機の使用は可とする。ただし、プログラム機能等のあるものはリセットで対応する。
3)競技中は実験室でのルールを守る。
4)安全には十分配慮する。
5)全日程について会場責任者および競技委員の指示に従わない場合は失格とする。

評価

(1) 評価方法 
1)審査員7人で評価する。審査員は同校選手の評価は行わない。
2)審査員は各校より選出された者と民間の化学技術者1名(審査委員長)とする。
3)評価は観点別評価項目を定めて行う。(評価表)
選手の減点があった場合、全員で合議のうえ決定する。(後で合議の時間をもつ)
4)評価表を集計して順位を決定する。

表 彰

1・2・3位に表彰状と楯、4・5・6位に表彰状を授与する。1・2位は中国大会(岡山)に出場できる。3位は補欠とする。
全国大会出場選手は中国大会で決定する。

日 程

令和3年6月26日(土)

役員・委員集合8:30
審査委員会    8:40
受付(更衣)8:40  ~   9:10
諸連絡9:15 ~  9:20
天秤説明と秤量9:20  ~  9:50
トイレ・休憩9:50 ~ 10:05
競技10:10  ~ 12:40
諸連絡・解散(生徒)12:50 ~ 13:00
採点集計(審査委員)13:30 ~ 14:30
※ コロナウイルス対策により開会式・閉会式は行わない。
※ 順位発表は評価終了後、各学校採点委員より生徒連絡を行う。

成 績

第1位岸本 悠  3年東岡山工業高等学校
第2位菱川 凉太3年東岡山工業高等学校
第3位難波 遥香3年水島工業高等学校

         

         

令和3年度高校生ものづくりコンテスト 旋盤作業部門 岡山県大会

主 催

岡山県校等学校工業教育協会

主 幹

岡山県高等学校工業教育協会機械系部会

期 日

令和3年6月19日(土)

日 程

8:30~8:45  受付・抽選・準備
9:45~9:15  加工練習
9:30~9:45  諸連絡(競技会場で簡単に実施)
9:45~10:00  休憩・準備
10:00~12:30  競技(競技時間は2時間で、打ち切り時間を2時間30分)
12:30~12:45  清掃  ※開・閉会式は実施しない

会 場

岡山県立倉敷工業高等学校 機械科 機械加工実習室
倉敷市老松町4-9-1 tel 086-422-0476

参加資格

岡山県高等学校工業教育協会機械系部会に所属する学校の生徒で、令和3年度高校生ものづくりコンテスト岡山県大会 旋盤作業部門予選会参加者7名とする。
新型コロナの対策のため岡山県高等学校教育協会機械系部会大会参加ガイドラインを遵守し、同意書および健康観察記録表の提出を条件とする。

競 技

(1)競技時間 2時間とする(打ち切りは2時間30分)
(2)課題   別紙課題図による
(3)注意事項 
①工具、測定具、実習服、筆記用具等は競技者が用意する。
②実習室でのルールを守り、安全に十分配慮する。
③会場責任者の指示に従わない場合実習室から退室させることがある。
④ゼッケンは準備したものを使用する。
⑤緊急対応病院  
倉敷平成病院
岡山県倉敷市老松町4-3-38
Tel 086-227-1111

採点集計・評価

(1)評価方法
審査は、中国職業能力開発大学校の教員および審査委員補助の先生で行う。評価は、全国体会に準じて行う。採点用紙を集計して順位を決定する。
結果については公表する。 評価の観点
(2)評価の観点
①完成度 仕上面の状態、面取り加工の状態
②技術度 寸法精度、仕上り精度、仕上り程度、完成までの所要時間
③作業態度 作業態度、服装、安全作業
(3)評価
別紙採点用紙による

中国地区大会出場権

令和3年度高校生ものづくりコンテスト中国地区大会 旋盤作業部門の出場者は、上位1名とする。

申込み

岡山県高等学校工業教育協会 機械系部会 
担当 洲脇 康人
岡山県立岡山工業高等学校
岡山市北区伊福町4-3-92  
tel086-252-5231
E-mail yasuhito_suwaki@pref.okayama.jp

競技結果

1位植元 大空斗3年おかやま山陽高等学校
2位明樂 球志3年東岡山工業高等学校
3位逢澤 大翔3年岡山工業高等学校

       

     

令和3年度 高校生ものづくりコンテスト自動車整備部門 岡山県大会

主 催

岡山県高等学校工業教育協会

主 幹

岡山県高等学校工業教育協会 機械系部会

日 時

令和3年6月5日(土)9:00~14:15

会 場

おかやま山陽高等学校 自動車科総合実習場
〒719-0252 岡山県浅口市鴨方町六条院中2069

日 程 

受付    9:00~9:30
選手更衣  9:30~9:55
審判打合せ
開会式  10:00~10:20
競技   10:30~13:00
昼食・審査13:00~14:00
表彰式・閉会式14:00~14:15

成 績

第1位 おかやま山陽高校3年 藤山ガブリエル勇希
第2位 おかやま山陽高校3年 松浦 司
第3位 岡山商科大学附属高校3年 佐藤佳則

 


令和3年度高校生ものづくりコンテスト木材加工部門 岡山県大会

目 的

建築系学科生徒のものづくりに関する技術・技能の向上と若年技術者の育成を図る。また、高校生ものづくりコンテスト中国地区大会の選手選考を兼ねる。

主 催

岡山県校等学校工業教育協会

主 幹

岡山県高等学校工業教育協会建築系部会

日 時

令和3年5月29日(土)9:00~15:00

会 場

岡山県立水島工業校等学校 多目的ホール
〒710-0807 倉敷市西阿知町1230

日 程

9:00~      受付
9:10~9:25  審査員・ものづくり委員打合せ
9:30~      開会式
10:00~13:00 競技13:00~      審査及び結果集計
14:00~      表彰式・閉会式

出場資格

岡山県内の建築系学科に在籍する高校生各校2名以内

ものづくり委員

各校2名

審査員

3名(岡山県建設労働組合)  

準備物  

大工道具一式・作業のできる服装・上履き(体育館シューズ等)タオル・飲み物等

表 彰

1位~3位および優良賞

競技方法

全工協会 高校生ものづくりコンテスト全国大会に準ずる
特別規則を適用する(大会当日は図面を書かない)

その他

今大会の上位3名(2名+開催県枠1)が中国地区大会の出場権を得る
掛矢は会場で用意します
選手以外の生徒の見学は今年度はできません

結 果

1位津山工業高等学校3年武本 流碧
2位水島工業高等学校3年3年河津 青空
3位津山工業高等学校3年小山 夢翔

       

令和3年度
高校生ものづくりコンテスト岡山県大会
電気工事部門・電子回路組立部門

主 催

岡山県高等学校工業教育協会

主 管

岡山県高等学校工業教育協会電気系部会

後 援

岡山県電気工事工業組合

日 時

令和3年 5月 8日(土)
受付 8:10~ 8:40
競技(電気工事) 9:50~12:00
競技(電子回路組立) 9:50~12:20
審査・片付け 12:30~16:00

会 場

(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構岡山支部
岡山職業能力開発促進センター
〒700-0951 岡山市北区田中580 Tel 086-246-2530

事務局校

◇電気工事部門
岡山県立倉敷工業高等学校 〒710-0826 倉敷市老松町4-9-1 電 気 科
TEL;086-422-0476 FAX;086-422-9934
◇電子回路組立部門
岡山県立岡山工業高等学校 〒700-0013 岡山市北区伊福町4-3-92 情報技術科
TEL;086-252-5231 FAX;086-252-7130

競 技

(1)出場資格 岡山県高等学校工業教育協会に属する高等学校の生徒とする
(2)競技種目 電気工事部門 各学科2名までとする
電子回路組立部門 各学科2名までとする
(3)参加申込 各校、学科毎に4月9日(金)までに申し込みをすること

課 題

電気工事部門 第16回中国地区大会(山口県開催)の課題に準じる
電子回路組立部門 第16回中国地区大会(山口県開催)の課題に準じる

審査基準

電気工事部門 高校生ものづくりコンテスト全国大会の審査基準に準じる
電子回路組立部門 電子機器組立1級技能検定採点基準に準じる

審査員

電気工事部門 5名 電子回路組立部門 4名

成 績

電気工事部門

第1位東岡山工業高校電気科2年井上 朋哉
第2位倉敷工業高校電気科3年進藤 洸太
第3位水島工業高校電気科3年岡 宏樹

電子回路組立部門

第1位岡山工業高校情報技術科2年三野 航太
第2位倉敷工業高校情報技術科3年野田 脩登
第3位東岡山工業高校電子機械科2年安藤 湧介

令和2年度 ものづくりコンテスト(溶接作業部門)岡山県大会兼令和2年度高校生溶接技術競技会岡山県大会

令和2年12月19日(土)に岡山県立岡山工業高等学校で令和2年度ものづくりコンテスト(溶接作業部門)岡山県大会 兼令和2年度高校生溶接技術競技会岡山県大会を開催しました。

N-2Fの部

成 績

第1位岡山県立興陽高等学校農業機械科2年 高山 佑介
第2位岡山県立備前緑陽高等学校総合学科3年 山下 未来
第3位岡山県立水島工業高等学校機械科1年 本嵜望歩未
第4位岡山県立東岡山工業高等学校電子機械科3年 森長 亜衣
第5位おかやま山陽高等学校機械科2年 植木 陽大
第6位岡山県立津山工業高等学校機械科3年 杉崎 祐紀
第7位岡山県立岡山工業高等学校機械科2年 森  湧希
第8位岡山県倉敷市立工業高等学校機械科2年 長瀨 鮎生

圧力容器の部

成 績

第1位岡山県立東岡山工業高等学校電子機械科3年 村上  碩
第2位岡山県立倉敷工業高等学校機械科2年 松尾  凌
第3位岡山県立水島工業高等学校機械科2年 安達 康晟
第4位岡山県立水島工業高等学校機械科2年 行安  洸
第5位岡山県立笠岡工業高等学校電子機械科2年 中越 悠太
第6位岡山県立興陽高等学校農業機械科3年 末継 智誠
第7位岡山県立倉敷工業高等学校機械科3年 藤沢 将太
第8位岡山県立東岡山工業高等学校電子機械科1年 石川 拓磨

令和2年度 高校生ものづくりコンテスト岡山県代替大会(測量部門)

主  催

岡山県高等学校工業教育協会 土木系部会

主  管

岡山県立新見高等学校 工業技術科

日  時

令和2年11月28日(土)10:00~13:30

会  場

岡山県立新見高等学校(北校地)
新見市新見1994 TEL(0867)72-0645
開会式 鋳造実習室
競技及び控え室 多目的4,5,6及び進路閲覧室

参加者

岡山県内の高等学校土木系学科に関係する生徒6名
(A,Bの2チーム編成)

審査員

各高等学校の土木系学科関係教職員

使用機器

原則として参加校が持参する

競技順

一斉開始

順  位

出場チーム単位で決定する

表  彰

岡山県高等学校工業教育協会理事長が行い、3位まで表彰する

【競技日程】 
9:30~受付
10:00~競技打合せ会(担当教員)
10:30~開会式
11:00~競技開始
11:40 競技終了
13:00~閉会式  

【結  果】  

第1位新見高等学校 Bチーム
第2位岡山工業高等学校 Aチーム
第3位津山工業高等学校 Aチーム

             

             

           

           

           

          

岡山県で初優勝!第19回高校生ものづくりコンテスト全国大会 近畿大会(木材加工部門)

岡山県庁表敬訪問 2019.12.18

第19回高校生ものづくりコンテスト全国大会(近畿大会)木材加工部
門岡山県立津山工業高等学校 建築科3年 上原 歩実 さんが優勝しました。

主 催

公益社団法人全国工業高等学校長協会

主 管

近畿工業高等学校長会

日 程

2019年11月16日(土)~17日(日)9:00~16:00

会 場

イオンモール伊丹
〒664-0847 兵庫県伊丹市藤ノ木1-1-1  TEL 06-6481-4841

 近年、若者の製造業離れが進み、ものづくりの技術・技能の継承が危ぶまれている。我が国の持続的発展を維持するためには、産業を支える技術・技能水準の向上を図るとともに、若年技術・技能労働者を確保し、育成することが急務である。
公益社団法人全国工業高等学校長協会(以下、全工協会という)では、各高等学校で取り組んでいる、ものづくりの学習効果の発表の場として、全国の高校生が一堂に会して、技術・技能を競い合う全国的な大会を企画し、過去19回実施した。
 第12回大会より全国9ブロックを廻っての開催となり、今回は近畿ブロックにおいて、旋盤作業、自動車整備、電気工事、電子回路組立、化学分析、木材加工、測量の7部門で実施する。

高校生ものづくりコンテスト 中国地区大会(測量部門)

日 時

令和元年8月2日(金)

会 場

山口県立下関工科高等学校

開催種目

測量部門

参加者

15名

成 績

第1位広島県立広島工業高校 土木科3年 
白石 輝                         
村上 裕隆                         
山本 翔和
第2位山口県立下関工科高校 建設工学科3年 
有瀬 義高                         
木下 慎治                        
杠 城一郎
第3位岡山県立岡山工業高校 土木科3年
宇都宮 広夢                        
川口 誠一郎                        
難波 雄一